知っておきたい! 若ハゲあれこれ

知っておきたい! 若ハゲあれこれ

 

20代、30代のあなた、「髪の毛が薄くなってきたかも…」と不安になっていませんか?「将来ハゲそうだから…」と、予防しておきたいと思ったことはありませんか? 髪の毛の悩みは、ちょっとでも気になり始めると外出するのも恥ずかしいような気がしてきますよね。本サイトでは、若くしてハゲてしまう原因や髪の毛の基礎知識について解説しつつ、あなたにぴったりの若ハゲ対策方法を紹介しています。

 

 

●若ハゲとは

一般的に若ハゲ、といわれる現象とは、10代から30代の間で、だんだん髪の毛が薄くなりってくることをさします。多くの場合、前髪から髪の毛が徐々に薄くなり、M字になっていきます。
50代以降には多くの人が髪の毛が薄くなってきたな、と感じますが、若ハゲは早い人で10代後半からなる場合もあります。
若ハゲは、「若年性脱毛症」とも呼ばれます。
これは、早めの対策で予防できる可能性が高いので、その対策はしっかりおさえておくべきでしょう。

 

老化が進んでくる50代以降であれば毛髪が作られるサイクルが衰え、薄毛になるという仕組みですが、20代〜30代で薄毛になってしまうのは、老化というよりも毛髪サイクルに異常が起こっていると考えられます。
多くの場合、背後には若ハゲになる原因があり、ある日突然起こる現象ではありません。正しい治療方法を行えば、若ハゲは予防・改善が可能です。
体質遺伝だ、といって若ハゲになることを受け入れる必要はありません。
髪の毛が薄くなってからでも、正しい治療法で増毛することも可能です。
原因を追究し、治療法を学び、若ハゲへの不安を解消しましょう。

 

●若ハゲの種類

ハゲにも種類があることはご存じですか?
前髪の生え際から髪の毛が薄くなってくるのを気にしている方が多いのですが、後頭部からハゲる場合、部分的に禿げる場合などもあります。

 

・円形脱毛症

いわゆる「10円ハゲ」と呼ばれるものです。これは、ある日突然硬貨大のハゲが出来る症状です。
そしてそのハゲた部分からだんだんと脱毛が続き、全体的に薄くなっていきます。
この円形脱毛症になる人の多くは、自覚症状がありません。突然ハゲてしまうので、症状の判断が難しくあります。

 

・粃糠性(ひこう性)脱毛症

あまり耳慣れない言葉かもしれませんが、粃糠性(ひこう性)脱毛症とは、汚れが原因で起こるハゲです。不潔にしていた頭皮からフケが出て、それが毛穴を塞いでしまい、雑菌が繁殖。それがだんだんと毛穴に炎症を来たし、毛が1本1本パラパラと抜けていく症状です。
この症状の場合は、皮脂などの汚れが毛穴に詰まることがハゲる原因です。

 

・男性型脱毛症

男性型脱毛症は一般的に50代以降に見られる症状です。、これは、加齢と共に抜け毛が多くなるという自覚症状があります。
主な原因は男性ホルモンだと言われているので、男性ホルモンを抑制することで改善できます。
若ハゲの多くはこの男性型脱毛症です。若ハゲという呼び名のほかに、若年性脱毛症とも呼びます。

関連ページ

若ハゲの原因