薄毛対策はしっかりと!原因色々…

薄毛になってきたなぁ、と自覚していても何をしていいかわからないってことありませんか?でもわからないからといって、何もしなかったらもっと薄毛は進行してします。

来ると分かっている敵がいるならば、早めにやっつけなくてはいけないでしょう?
本丸に来てからでは遅いのです。敵が遠くにいるうちから対策を講じなくてはいけません。

 

では何をすればいいのか。まず薄毛になる原因を知っておかなくてはいけません。原因によって、対処方法も変わってくるからです。そしてその原因は沢山あるのです。

 

具体的に薄毛になる理由としては、以下のようなものがあります。

 

1、新陳代謝がちゃんと機能していない
2、ストレス性のもの
3、偏った食生活
4、紫外線によるもの
5、体に合わないヘアケア商品
6、遺伝的、また男性ホルモンによるもの

 

等です。
そして順にこの6つを説明していきましょう。

 

1、新陳代謝が正常に機能しないと薄毛になってしまう
 代謝が低下してしまうと、毛根にまで栄養が行かずに、薄毛になってしまいます。また正常に新陳代謝が機能しないと、ホルモンが毛髪にまでちゃんと回って行かなくなり、薄毛の原因となってしまいます。

 

2、ストレスをためるのは髪に良くない
 現代社会では様々なストレスを感じる事がありますよね。対人関係であったり、仕事であったり人様々です。加えて寝不足偏食過度な飲酒等もストレスになります。ストレスがあるからと、薄毛にそく直結するわけでありませんが、すでに臨床的には薄毛の原因になりうることはわかっているので、気をつけなくてはいけません。ストレス解消に努めましょう。

 

3、しっかりと栄養を取らないと髪は育たず、再生できない
 食生活睡眠良好な物にしておかないと薄毛になってしまいます。髪の正常なサイクルの為にはタンパク質が大切なのですが、栄養不足であったり、偏食であったりするとこれが不足がちになります。適度なタンパク質の摂取がないと髪は育ちません。またしっかりと睡眠を取らないと、髪を修復する機能が崩れてしまい、これまた薄毛の原因となります。 

 

○紫外線は思っている以上に強い
 肌に日焼け対策をするように、髪にもその対策をする必要があります。紫外線は大変髪を傷つけ、薄毛の原因を作ります。もし紫外線を浴びたならば、十分なケアが必要となります。ダメージを受けたまま放っておいてはいけません。

 

○ヘアケア商品は正しく使おう
 最近では若い世代にも薄毛が広がっています。それはカラーリングやパーマといった理由があげられますが、ヘアケア商品を正しく使っていないこともあげられます。

 

○遺伝と男性ホルモンは中々手強い
 男性ホルモンが過剰に分泌すると、髪が育たなくなり、薄毛の原因となってします。この男性ホルモンは、非常に髪への影響が大きいのです。毛髪の育成を邪魔するのがこやつらの仕事といっても過言ではありません。特に男性は、遺伝的要素も踏まえないといけないので、早め早めの対策が必要です。身内に薄毛の人が多い場合は要注意です。

 

◆原因別にしっかり薄毛対策をしよう

 

以上のように、薄毛になる原因は様々で、多種多様です。
遺伝性の物だと中々対策が難しいのも現実ではありますが、できる事はやっておくべきです。
これを参考に薄毛対策をすれば、完全には無理でも予防する事ができるでしょう。
今の自分の薄毛の症状がどのようなものか理解してから、しっかりと対策をしていきましょう。