髪の毛が抜けることとは

人と比べると自分は抜け毛が多いのか気にならないでしょうか?
1日にどの程度髪の毛が抜けるのでしょうか?

 

平均的な人の場合1日に50本から100本ほどが抜けるのが平均的な抜け毛の本数のようです。
抜ける本数が多くても生えてくる本数が同程度であれば禿げにはなりませんが、発毛してくる本数が少ない場合が問題です。

 

 

◆禿げるリスク

平均的な本数程度の抜け毛ならば禿げになるリスクが高いとは言えませんが、明らかに抜け毛が増えた場合禿げになるリスクが高まっていると言えるでしょう。
普段の生活では抜け毛の程度を把握する事は出来ません。

 

 

 

◆自分に起こる抜け毛の度合いの把握の仕方

シャンプー前に排水溝にネットや茶漉しをセットし抜けた毛を捕まえられるようにしておき抜け毛の本数の程度を把握できるようにすることです。
これを継続的に実施し記録しておけば自分に起こる抜け毛がどの程度の抜け毛の度合いかが把握できます。
ここで注意したいのは濡れたままだと本数を把握しにくい場合は乾燥させてから計測するのがよいでしょう。

 

 

 

◆もしも禿げたら?という事で悩む

もしも毛が抜けることで禿げたらどうしようというストレスが生じたり禿げたことで他人の眼が気になったりすると言う事がストレスになりかねません。
そんなストレスを起こさせないためにも抜け毛のリスクを減らすか発毛する量を抜け毛以上に増やす対策を考えなければいけません。可能であれば抜け毛対策と平行して発毛にも眼を向けたいですね。

 

 

 

◆時期的な抜け毛の差

犬や猫などの動物は毛の生え変わりの時期があり季節の変わり目ともいえる秋口に抜け毛が増える傾向にあるようです。また同様の事が人間にも言えるようです。
その要因として考えられる事は、動物特有の季節に対応する為の生理現象のほか、夏の暑さによるストレスのせいで心身のバランスを崩した事による反動や直射日光を浴び続ける事によって頭皮に悪い影響が出て抜け毛の本数が飛躍的に増える事があるようです。

 

 

◆ポジティブな気構えが特異な抜け毛のリスクを減らす

時期的な抜け毛で禿げたりする事は通常では有り得ません。
季節の変わり目などで髪の毛の抜ける本数が増加するのは正常な事なのです。
明らかに異常な本数の抜け毛が起こらない限り禿げると言うリスクが高まるわけではありませんので心配する必要は無いでしょう。
あまりに神経質になりすぎるとストレス過剰になり抜け毛が増えてしまう場合があるのでストレスを溜めずに気楽に経過を観察するのがよいでしょう。

 

 

 

◆抜け毛が起き難い時期

人間も動物と同様に冬は抜け毛が減る傾向にあるようです。