男性ホルモンの分泌過剰により起こる抜け毛・薄毛について

なぜ男性ホルモンは過剰に分泌されるのでしょうか?

 

・男性ホルモンが分泌される仕組みとは?

 

よく男性ホルモン女性ホルモンという言葉を耳にします。男性ホルモンも女性ホルモンはともに性ホルモンの一種であり、人間の体にはなくてはならない重要な役割を担っています。性ホルモンの主な機能は、生殖活動に関わるもので、男性らしさ、女性らしさという体の特徴を作ります。

 

この性ホルモンは男女により、それぞれ異なる割合で分泌されます。男性ホルモンにも女性ホルモンにも理想的な分泌量があり、その範囲内におさまっている場合には問題ありませんが、なんらかの理由により分泌量が多すぎたり、少なすぎたりすると、さまざまな弊害をもたらします。ホルモンのアンバランスにより生じる症状の一つが、抜け毛や薄毛など、男性の薄毛の主原因の一つはホルモンの過剰な分泌にあるといわれています。

 

男性ホルモン分泌過剰による薄毛

男性の場合、早い人は30代の後半から、一般的には40代、50代になると次第に抜け毛や薄毛の悩みを抱えるようになります。これは男性ホルモンが過剰に分泌されているせいで、体毛は濃くなるのに対して、髪の毛は薄くなるという症状があらわれやすくなります。

 

男性ホルモンの分泌量が増える原因に関しては、さまざまな要因が考えられます。たとえば生活習慣が乱れていること、過剰に筋肉を鍛えること、ストレスが多い食事の内容が偏っている運動不足など、日常生活を送る上で気をつけたほうがよいことは無数にあります。運動不足は健康に悪い影響をもたらしますが、激しい筋肉運動を行うことは男性ホルモンの分泌を増やす恐れがあるとされています。運動を行う際には極端に体に負担のかかることは避けるようにしましょう。

 

・薄毛・抜け毛に結びつく男性ホルモンとは?

 

比較的最近の研究で明らかにされた男性ホルモンに「ジヒドロテストステロン」があります。この男性ホルモンは他の男性ホルモンよりもはるかに強い力で抜け毛を誘発するといわれています。

 

ジヒドロテストステロンがどのような形で生成されるかというと、男性ホルモンの代表である「テストステロン」が、皮脂などに含まれる酵素と結びつき反応することで生成される、といわれています。抜け毛や薄毛の症状を予防・改善するには、これらの男性ホルモンの分泌量を抑制することが重要です。

 

◆男性ホルモンの分泌に関して知っておきたいこと

 

・男性ホルモンの分泌が過剰・過小になると起こること?

 

抜け毛や薄毛と密接に関わっている男性ホルモンの分泌量、標準的な範囲内での分泌におさまっていれば問題ありませんが、分泌量が増えすぎてしまうと、頭頂部や前頭部分の髪の毛が抜けやすくなります。筋肉を激しく鍛えていると男性ホルモンの分泌を促しやすくなってしまう恐れがあります。筋肉が発達している男性の中に、薄毛の人が比較的多く見られるのはこのせいといわれています。

 

・男性ホルモンの分泌が少なすぎる場合

 

中高年世代の男性によく見られる薄毛ですが、頭部が薄毛になっているからといって体毛すべてが薄くなるということはありません。反対に頭部に薄毛がある方の多くは、体の他の部分の体毛が濃くなる傾向にあります。これは男性ホルモンの分泌が過剰になった場合の典型的な症状です。

 

薄毛をもたらす男性ホルモン、ではこの男性ホルモンの分泌を抑えれば問題はすべて解決するかというと、そういうわけではありません。ご存知のとおり、男性ホルモンは生殖活動に不可欠なホルモンですので、必要以上に男性ホルモンの分泌を抑えると精力減退体力の低下といった別の問題が発生してしまいます。他にも筋肉の力が衰え、全体的に男性らしい特徴が薄れてしまうという恐れがあります。心臓病などの深刻な疾病を未然に防ぐというはたらきもあるとされていますので、単に体毛の量をコントロールしているだけではないと、承知しておきましょう。性ホルモンは人間の体を維持する上でなくてはならない大切な物質ですので、安易に考えていると思わぬ弊害が起きる可能性があります。

 

・ホルモンのバランスを一定に保つ重要性

 

二つの性ホルモン、男性ホルモンと女性ホルモンはどちらが良い、悪いということではなく、いかにバランスよく体内で分泌されるか、これが最重要ポイントとなります。男性ホルモンも女性ホルモンも、基本的には生殖活動に関わるものですが、体の機能的な点だけでなく、精神形成にも重要な役割を果たすことが知られています。一つの機能を果たしているわけではなく、複合的に人間の体を維持しているホルモンですので、出来る限りバランスを保つように配慮していきたいものです。

 

 

◆男性ホルモンの分泌をコントロールすることにより抜け毛や薄毛を予防・改善する方法

 

・男性ホルモンの分泌量を抑制するにはどうすればよいのでしょうか?

 

抜け毛や薄毛のために精神的なプレッシャーを感じてしまうのは愉快なことではありません。男性ホルモンの分泌を抑制するには、日常生活における食習慣生活習慣見直すことが肝心です。これに加えてたとえばホルモン注射を受ける、漢方薬などを用いてみる、などの方法が考えられます。

 

・男性ホルモンの分泌を抑える育毛剤の利用について

 

現在では数多くの種類の育毛剤が入手できるようになりました。育毛剤の中には男性ホルモンの分泌量をコントロールするはたらきが期待できるものもありますので、このような育毛剤を併用すると薄毛対策もより効果的になります。

 

・女性ホルモンを活性化させる大豆イソフラボンを摂取しましょう!

 

大豆イソフラボンというと女性に良い栄養素というイメージがありますが、大豆イソフラボンを含む納豆や豆乳などは、男性の方にもお勧めの食べものです。大豆イソフラボンは女性ホルモンの分泌を活性化させますので、女性ホルモンを増やしたい場合には、大豆イソフラボンを摂取するといいでしょう。