遺伝による薄毛や抜け毛についてのまとめ

◆遺伝による薄毛や抜け毛について知っておきたいこと

 

・脱毛症は必ず遺伝しますか?

 

男性の薄毛には遺伝的な要素が強く左右しているといわれます。脱毛症は遺伝的に伝わる可能性が高いと考える人が多く、まだ20代にも関わらず、父親や祖父、おじがハゲていたという理由で、育毛活動を始める人も多いようです。薄毛は本当に遺伝として親から受け継ぐものでしょうか。

 

これに関してはいろいろな考え方があります。まず考えなければならないことは、親と子供の二人ともが薄毛になる背景には、遺伝以外の要素も作用しているということです。家族として同じようなライフスタイルを持っていることが原因で、薄毛の症状が出ていることも考えられます。
たとえば油分の多い食事や、喫煙運動不足など、遺伝というよりも同じような環境で過ごしていることに薄毛の原因がある場合もあります。

 

もちろん遺伝的な要素がまったく関係ないわけではありません。しかしこの場合も脱毛という遺伝的要素を受け継いだというよりも、抜け毛を引き起こす男性ホルモンの分泌が多いという遺伝を受け継いだ、というほうが当たっているかもしれません。

 

・薄毛と遺伝の関係について詳しく把握しておきましょう

 

抜け毛や薄毛は親からの遺伝と諦める方がいるようですが、最初からこのようなネガティブな取り組み方をしていると、薄毛を適切に改善していくことも見込めません。親から遺伝として受け継いだのは、薄毛を促す男性ホルモンの分泌に関する要素ですので、生活習慣や食生活などに十分注意し、抜け毛を防止、改善する方法を取りいれるようにすると、薄毛や抜け毛の状態を良くすることも可能です。

 

 

・遺伝により薄毛が生じている場合の改善方法について

 

親も薄毛だったので仕方ないと早々に諦めずに、薄毛や抜け毛を改善する治療を積極的に取りいれるようにしましょう。育毛剤の中にはミノキシジルという発毛効果が非常に高い成分が配合されているものがあります。経口薬タイプで手軽に摂取することが出来ますので、忙しい方でも気軽にはじめることが出来ます。

 

 

◆遺伝性の薄毛になりやすい環境とは?

 

・遺伝で頭皮の状態が左右される?

 

抜け毛や薄毛の症状は遺伝による影響も大きいといわれています。親に薄毛や抜け毛が見られる方は、出来るだけ早めに薄毛対策を立てるようにしましょう。遺伝による影響はやむを得ないとしても、たとえば日常生活を送る上で改善できる点があれば、まずはこれらを見直すようにしてください。睡眠不足や栄養に偏りのある食事、油分や糖分の過剰摂取、運動不足などは、体の代謝機能を下げ、血管を収縮させるなどの症状を起こす可能性があります。血液の循環が悪くなるような生活習慣は出来るだけ控えるようにしましょう。

 

 

・頭皮のコンディションを改善する方法とは?

 

抜け毛や薄毛の主な原因のひとつは、頭皮環境が悪化していること、皮脂分が過剰に分泌されるとそれが原因で毛根が詰まってしまうことがあります。皮脂分に含まれる成分が雑菌に触れると化学反応を起こし、炎症やかぶれの原因になることも。毛根に皮脂が詰まってしまうと、髪の毛の成長が止まり、中にはそのまま抜け落ちてしまう毛髪も出てきます。抜け落ちないまでも、髪の毛自体が細くなってしまい、髪全体が薄くなる、という印象を与えてしまいます。

 

抜け毛を予防するには、食習慣を見直すことが必要とされます。カロリーの高い食事油分の多い食べ物野菜や果物不足などは、健康に悪いだけでなく、皮膚の新陳代謝機能を落とす原因になります。頭皮もまた皮膚の一部分ですので、体全体が不調になると当然ですが頭皮の状態も悪化します。

 

頭皮や髪の毛に良いとされている食材を忘れず毎日摂るようにしましょう。野菜や果物に含まれるビタミンや、良質のたんぱく質ミネラルカルシウムなど、たくさんの栄養素を少しずつ摂取するようにすると、中性脂肪の値も正常に近づいていきます。

 

・薄毛は遺伝?生活・食習慣を見直すことで抜け毛や薄毛は改善できます!

 

薄毛や抜け毛は遺伝だけでなく、生活習慣や食生活にも原因があることが多いといわれています。薄毛対策を行いたい方は、薄毛や抜け毛の原因となる習慣を避けるようにしなければなりません。油脂や糖分の多い食べ物を好む人は体重も増加しやすく、血圧の上昇や、中性脂肪が多くなります。血流が悪くなると、頭皮への血液の供給も滞り、髪の毛に十分な養分が行き渡らなくなります。
家族の中にすでに薄毛の方がいる場合にはとくに注意が必要です。遺伝的な要素に加えて、生活習慣や食習慣が好ましくないと、必ずといっていいほど抜け毛や薄毛の悩みを抱えるようになります。

 

 

◆遺伝性の抜け毛や薄毛の対策法とは?

 

・ストレスは早めに回避しよう!

 

ストレスは自律神経を崩す原因になります。自律神経の乱れは体にさまざまな不調や病気をもたらしますが、抜け毛や薄毛もその一つになります。ストレスを溜めやすい人はとくに注意が必要、若年性の脱毛症の多くはストレスに起因するといわれています。

 

・髪に良いシャンプーを選び、育毛剤を併用してみる

 

頭皮と髪の毛に良いシャンプーを選ぶようにしましょう。無添加のものや育毛効果のある成分を配合したシャンプーは、頭皮の状態を整え、抜け毛を抑える効果があるといわれています。他にも自分の状態に合った育毛剤を用いるようにすると、さらに育毛効果が期待できます。

 

・栄養バランスの取れた食事を心がける

 

食事の内容にも配慮しましょう。髪の毛や頭皮に良いとされる食材を出来るだけ毎日摂るようにしてください。ビタミンやミネラル、たんぱく質など必須栄養素が不足しないように、新鮮な野菜や果物、卵、大豆、海藻など、幅広い食材を必ず食べるようにしましょう。

 

・薄毛専門クリニックでの治療法

 

薄毛改善を専門にしているクリニックでは、高い育毛効果を発揮するといわれているミノキシジルという成分が配合された経口薬を処方しています。ご自分の薄毛の状態をいちど診断してもらう良い機会になりますので、育毛に積極的に取り組みたい方は、ぜひ一度専門クリニックで診断してもらうようにしましょう。