ストレスからくる薄毛や脱毛の症状や対処法について

◆ストレスを抱えてしまう原因について

 

・ストレスが頭皮の状態を左右するわけとは?

 

先行き不透明な現代社会、仕事や家庭のことでストレスを抱える人は増える一方です。ストレスが健康に良くないということは明らかですが、薄毛や抜け毛の原因にまでなる、ということは意外に知られていません。ストレスが薄毛につながる仕組みとはどのようなものでしょうか。
精神的なストレスにより、まず影響を受けるのが自律神経自律神経には交感神経副交感神経があり、通常はこの二つのはたらきがバランスを保って行われています。
しかしストレスなどにより自律神経のバランスが崩れると、交感神経と副交感神経のはたらきがアンバランスになり、結果としてさまざまな弊害があらわれます。その中の一つが血管の収縮、血管が収縮することにより、血液循環が悪くなり、これが原因で頭皮への血流の流れも悪くなる、というサイクルが出来上がってしまいます。

 

ストレスによる抜け毛や薄毛は年齢や性別に関わりなく起こります。薄毛というと本来中高年の男性に特有の現象と思われるかもしれませんが、現在では20代はじめの方でも薄毛の悩みを抱えていることがあります。

 

 

・薄毛の原因はストレスにあり?

 

ストレスが原因で抜け毛や薄毛が起こる、というのは本当です。強いストレスを慢性的に抱えていると、自律神経に支障を来たすことがあります。本来であれば交感神経と副交感神経が互いに均衡を保ち機能していますが、ストレスにより自律神経のバランスが崩れてしまうと、血圧や脈拍が安定せずに、さまざまな症状となりあらわれることがあります。

血管が収縮してしまい、血液の流れが滞りますので、当然頭皮への血液の供給も減少します。ストレスにより頭皮の血行が悪くなる背景にはこのような仕組みがあります。頭皮の血行が不良になると、毛根に必要な養分が行き渡らないということになり、その結果髪の毛が細くなったり、成長途中で毛根から抜け落ちたりします。
髪の毛が細くなると、髪全体のボリュームが失われますので、髪の量自体は変わらなくても薄毛になってしまいます。また成長途中の髪の毛が抜けてしまうと、実際に髪の量が減ることになりますので、抜け毛が多くなることによる薄毛という状況が起こります。

 

 

・ストレスの多い生活は薄毛につながる?

 

ストレスに対して免疫のない人、ストレスを溜めやすい人は、気苦労の多い人などは、まだ20代であっても薄毛の悩みを抱えることがあるようです。学生時代には気楽に毎日を過ごしていた人も、いざ社会人として社会に出るとさまざまな軋轢やプレッシャーを負担に感じるようになります。とくに20代前半の社会人は、新しい就職先や業務に慣れないこともあり、予想以上に大きなストレスを抱えることがあります。

 

ストレスをそのまま放置しておくと、体に悪影響を及ぼします。対人関係や仕事上の悩みは出来るだけ早めに解消するようにしましょう。ストレスを抱えたままでいると、若年脱毛症にかかる恐れもあります。

 

 

◆ストレスを解消できない場合の健康上のリスクについて

 

 

・ストレスが溜まる環境とは?

 

仕事上での悩みを抱えている方はストレスを溜め込みやすいといわれています。営業成績や業績が気になって仕方ない方や、転職したばかりの方、雇用形態が不規則な方など、仕事上での悩みや加えて経済的な要因が重なると、ストレスの度合いも強まります。またストレスを、飲むことや食べることで解消しようとすると、さらに健康上の問題が生じることがあります。ストレスを上手に回避するには、自分を追い詰めないようにすることや、気持ちの切り替えを行えるようにしなければなりません。

 

 

・ストレスが健康に及ぼす影響とは?

 

ストレスがかかりすぎると、体の機能が低下することがありますので注意しましょう。ストレスにより最初に悪影響を受けるのが自律神経といわれています。自律神経には交感神経副交感神経の2種類があり、この二つが相互にバランスを取りながらはたらくことにより、体の機能の調子が保たれています。

ストレスにより自律神経のバランスが崩れると、血管が収縮する血圧が上がるイライラがおさまらない、などの症状が引き起こされます。

 

ストレスによる影響はこれだけに留まりません。自律神経は体のほぼすべての機能との相関関係がありますので、胃腸や生殖器の機能が低下することもあります。女性の場合はとくに自律神経が乱れやすいといわれています。冷え性やイライラは自律神経の乱れによって起こされることが多いようです。

 

 

◆ストレスによる抜け毛や薄毛を回避する方法とは?

 

・運動で爽快な汗をかいてストレスを解消する!

 

一見関係ないように思えるストレスと薄毛ですが、ストレスにより自律神経のバランスが崩れることにより、頭皮の血行が悪くなることが知られています。血液の循環が悪くなると、頭皮の毛根に養分が届きにくくなり、このために抜け毛が増えたり、髪が細くなりボリュームがなくなるなどの、髪のトラブルが発生します。

 

髪のトラブルを解消するには、まずストレスを回避することが必要になります。ストレスを上手に解消するための方法を工夫するようにしましょう。
ストレスの解消法にはさまざまな手段が考えられます。女性の方は買物をしたり、好きな食べ物を食べること、友達同士で旅行することなどで、かなりストレスを解消できるようです。男性の場合はゴルフなどのスポーツや、自分の趣味を追及することで、ストレス解消を図る方が多いようです。

 

 

・ストレス解消に効果的な栄養素とは?

 

食材の中にはストレス緩和に効果があるとされるものもあります。ストレスを緩和する栄養素の代表といえば、ビタミンCカルシウムなど、これらが不足するとイライラしやすくなるといわれています。カルシウムを多く含む食材といえば牛乳野菜など、ビタミンCは野菜や果物に多く含まれる栄養素です。ストレス解消するにはこのような栄養素を補給することが必要です。