皮膚の乾燥は抜け毛の原因になります!

抜け毛の原因には、遺伝的な要因や生活習慣の乱れ 、ストレスや喫煙など、さまざまなものがありますが、皮膚の乾燥もその中の一つです。
皮膚が乾燥するとどうして抜け毛になりやすいのでしょうか。以下に乾燥と抜け毛との相関関係について見ていきましょう!

 

◆頭皮が乾燥することにより起こる悪影響とは?

 

健康なお肌にはバリア機能が備わってします。バリア機能のはたらきとはいうと、皮膚にとってダメージになりうる紫外線や異物などを排除すること、皮膚の表面にある皮脂分がこれらを弾き飛ばしてしまいます。

 

皮膚上に理想的な量の皮脂がある分には、このような異物は排除されてしまいますが、皮膚や頭皮に潤いがなくなり乾燥してしまうと、バリア機能がうまくはたらかなくなります

 

皮膚の上の皮脂分がなぜ大切かというと、この中に脂肪酸が含まれているからです。皮膚の上で雑菌が繁殖しやすくなるのは、脂肪酸の数が減るため、皮脂分が減るとそのまま脂肪酸の減少につながります。

 

頭皮に雑菌で繁殖していると炎症かぶれかゆみを引き起こし、さらには毛根内にまで炎症が広がる場合があります。雑菌と頭部の汚れやふけが化学反応を起こすこともあり、抜け毛が起こりやすい環境になってしまいます。このような状態を粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)と呼びます。

 

頭皮の乾燥が悪影響を与えるのは頭皮だけではありません。頭皮に潤いがなくなると、当然毛髪にも悪影響が及びます。
髪の毛が切れやすくなったり、枝毛や抜け毛が増えるだけでなく、髪質も細くなってきますので、髪全体のボリュームがなくなります。
頭皮が乾燥することにより、頭にかゆみやふけが出てしまい、これをきれいにしようと洗浄力のあるシャンプーで髪を洗うことにより、さらに皮脂分が奪われるという皮肉な結果になってしまいます。
頭皮の潤いを保護するにはどうしたらよいか、考えていきましょう。

 

◆頭皮の乾燥はなぜ起こる?

 

頭皮の潤いがなくなる原因を以下に挙げてみます。

 

1.シャンプーの回数が多すぎること

シャンプーをしすぎるとかえって頭皮の環境を悪化させてしまいます。
きれいにしようと思うあまり、爪で頭皮を傷つけてしまわないよう注意しましょう。

 

 

2.皮膚の刺激の強いシャンプーを利用している

泡立ちがよく、良い香りのする洗浄力の強いシャンプーを利用すると、きれいになったような気がしますが、実は頭皮に必要な皮脂分まで奪っている可能性があります。洗浄力が高いものは皮膚への負担が大きすぎますので、とくに敏感肌の方やお肌の弱い方は、皮膚に優しいシャンプーがお勧めです。

 

3.加齢による皮脂の減少

年齢が上がると、体の皮脂分も不足していきます。一般的には加齢とともにお肌はドライになっていきます。

 

 

4.外気が乾燥している

外気が乾燥している他に、一日中空調の中にいる方は皮膚が乾きやすくなりますので注意しましょう。

 

5.ドライヤーによる乾燥

髪を乾かすのに熱風ドライヤーを使っている方は注意しましょう。あまりにもドライヤーを使いすぎると、頭皮が常に乾いた状態になってしまいます。

 

5.血行が悪いとき

体の血液循環が滞っていると、血行不良になります。頭皮や毛根に必要な養分が届きにくくなることから、乾燥が生じてしまいます。

 

◆どうしたら乾燥から頭皮を保護することが出来るか?

 

頭皮を潤いのある状態に保つには、どのような対処法が考えられるのでしょうか。

 

1.皮膚に優しいシャンプーを選ぶこと

 

市販されている洗浄力の強い添加物を多く含むシャンプーは、頭皮に必要な皮脂まで取り去ってしまいます。

 

頭皮と髪の毛に優しいシャンプーの代表といえば、アミノ酸系のノンシリコンシャンプーになります。
アミノ酸系のシャンプーであれば、汚れはきちんと落としながら、皮脂分はそのままですので、頭皮が乾燥するという恐れがありません。アミノ系シャンプーはたくさんの種類が発売されていますので、ご自分の頭皮の状態にもっとも合ったものを選びましょう。

 

2.頭皮用のローションを用いる
頭皮の潤いをキープするために用いると便利なのが、ローションタイプのヘアケアです。
ふけやかゆみ防止、雑菌繁殖の予防などに効果的です。

 

3.頭皮の血行を促進する
頭皮の環境を良くするには、頭皮の血行を良くしなければなりません。生活習慣を正し、ストレスを減らすことで、血液循環を改善させることが出来ます。喫煙やストレスなどは自律神経を乱しますので、極力抑えるように努力しましょう。
他には育毛剤を用いることや、頭皮マッサージなどで血行を促進するのも効果的です。

 

5.シャンプーは一日一回にしましょう!
頭皮に汚れや皮脂が気になる方は、一日に何回もシャンプーしてしまうことがあるようですが、これはかえって頭皮の乾燥を招きますので絶対にやめましょう。

 

6.ドライヤーの使用に注意する
ドライヤーを高温・強にして、毎日使用していると、頭皮を乾燥させるだけでなく、髪質も悪化してしまいます。
ドライヤーを使用する際は、温度を低めにし、出来るだけ短い間の使用に留めましょう。

 

7.育毛剤を利用する
頭皮を乾燥から保護する有効成分が配合された育毛剤もありますので、頭皮環境を改善する一環として育毛剤の使用も考えてみましょう。

 

8.乾燥した室内では加湿器などを使用する
オフィスや自宅で乾燥しがちな部屋には加湿器を置くようにしましょう。
加湿器があれば、室内の湿度を適度に保ちますので、エアコンや暖房などをきかせていても心配いりません。

 

以上のようにいろいろな角度から、頭皮の環境を改善し、乾燥から保護していくようにしましょう!