お酒の飲みすぎは薄毛をまねく!?

頭髪が薄くなる原因のひとつとして、お酒の飲みすぎがあります。「お酒はストレス解消になるのだから、髪には良いのでは?」と思う人もいらっしゃることでしょう。しかし、そうでもないのです。

 

◆お酒が髪の毛に与える影響とは

髪の毛を健康に保つには、頭皮の血行促進が欠かせません。その点、お酒は血行が良くなるので、それほど飲みすぎなければ問題はありません。ところが、飲みすぎると逆に髪の毛が抜けやすくなるのです。

 

 

体内に入ったアルコールを分解するには、メチオニンシステインというアミノ酸の一種が使用されます。このアミノ酸は、髪の毛を生成するために欠かすことが出来ない成分でもあります。飲みすぎによる多くのアルコールを分解するためには、それだけ多くのアミノ酸が消費され、髪の毛にまわらなくなり、薄毛になっていくのです。

 

加えて、アルコールは髪の毛を健康に保つために必要な、成長ホルモンの分泌を妨げてしまいます。成長ホルモンは、充実した眠りによって効果的に分泌されます。多すぎるアルコールは、眠りの質を落としてしまう傾向があるのです。

 

 

 

◆飲みすぎによる薄毛を防止するには

習慣的なお酒の飲みすぎに注意することが第一です。また、サプリメントなどを利用し、飲酒による体調の乱れを回復させることも、対策のひとつです。