薄毛を治療するための医薬品紹介

一般的に医薬品として販売されている薄毛治療薬を紹介します。
飲んだり注射をすることで体内に摂取するものを医薬品と呼びますが、医療用医薬品一般用医薬品二種類があることをご存知でしょうか。前者は薬局などで購入できるもので、後者は病院の処方箋がなければ入手することはできません。

 

薄毛治療薬を使えば、髪の毛が生えるようになるのでしょうか。答えは「イエス」です。薄毛を治療するには薬だけでなく、食事を改善したり生活習慣を見直したりするといったことも必要となりますが、育毛剤を使うことで効果的な薄毛の治療をすることもできます。一般的に「育毛シャンプー」や「育毛治療薬」と呼ばれて販売されているものがそうです。

 

さて、薄毛治療薬には大きく分けて二種類あります。

 

・ミノキシジル:発毛促進薬
・フィナステリド:脱毛抑制薬

 

◆ミノキシジル(発毛促進薬)

ミノキシジルは発毛を促進させる育毛剤として最も使われている育毛剤です。これは一般の医薬品として販売されていますし、ドラッグストアなどでも見かけることができます。毛乳頭や毛母細胞などに直接反応・作用して発毛を促進させる細胞を活性化させ、結果的に薄毛を改善し、治療します。

 

ミノキシジルの副作用は頭皮がかゆくなったり炎症を起こしたりします。場合によっては動機息切れ血圧低下むくみ体重の増加といったことが挙げられます。確率は非常に低いものですが、万が一そういった副作用が起こらないともかぎらないので、あなたが現在、他の薬を服用していたり、ミノキシジルを使うことに抵抗がある場合には医師の判断を仰いで使うことが望ましいでしょう。

 

◆フィナステリド(脱毛抑制薬)

フィナステリドは脱毛を抑制する薬です。上記のミノキシジルは髪の毛を生やす薬ですがフィナステリドは髪の毛が抜けることを抑える働きをします。抜け毛には「5αリダクターゼ」という男性ホルモンが関係しているとされていますので、フィナステリドを使用することで、この男性ホルモンの働きを抑制させ、脱毛を抑えることが可能となります。

 

フィナステリドは発毛・育毛についても働きがあります。なぜなら、髪の毛というのは一定のサイクルで生え変わります。毎朝、髪の毛が枕についていたり、シャンプーをしたりすると髪の毛が抜けますが、残念がることではなく、サイクルでそうなっているだけなのです。本数が多い場合には不安になりますが。そのサイクルを正常に戻してくれる働きもありますので、フィナステリドは脱毛・発毛・育毛に有効な薬ということが言えると思います。しかしこの薬は薬局やドラッグストアで購入することはできず、医師の処方箋がないと入手することはできません。

 

フィナステリド系の副作用はミノキシジルと同様の副作用が発生する場合があります。理論的に副作用はないとされていますが、場合によっては性欲減退なども起こりうる可能性があります。

 

ただ、そこまで副作用を心配することはありません。フィナステリド系の医薬品はミノキシジルよりも副作用が起きる確率は低いとされています。ほぼ副作用がないと言っていいレベルですので、あまり不安がらずともよいでしょう。

 

◆自分にあった薄毛治療薬を使うことが大切

ここまでご紹介してきたように、ミノキシジルが発毛フィナステリドが脱毛を抑える働きをしますので、この二種類のタイプから自分の頭皮、髪の毛に合ったものを使用されることが一番大切でしょう。ネットや薬局でも購入できますし、効果についても病院の処方でもらえるものと効果も同等ですので、結局、「合う・合わない」という点だけの話になるのです。
きちんと決められた量を使用すれば大丈夫ですので、薄毛に悩んでいらっしゃる方はこれらの薄毛治療薬を試してみてはいかがでしょうか。