間違ったシャンプーは薄毛の元になることも

薄毛の原因として挙げられるものにはさまざまなものがありますが、意外と見過ごされているのが「シャンプーの方法」です。
もともと生活習慣は薄毛の原因の大きな部分を占めているものなので、シャンプーもそのひとつといってもよいでしょう。普段何気なく行うことなので、なかなか意識すること自体難しいという面もあるのです。

 

しかし、実際にシャンプーの方法が間違っているために薄毛になってしまった、という例は報告されています。もしも薄毛の対策を考えているのなら、しっかり意識して正しい方法を行うことが必要です。

 

もちろん、シャンプー自体が薄毛対策として大切なことは間違いありません。頭皮に余分な皮脂が溜まれば、毛穴が詰まり、発毛の妨げとなってしまいます。

 

しかしその反面、皮脂や汚れをしっかり落とそうと、たとえば爪を立てて強くこすったりすることは確実に逆効果となってしまうのです。最大のポイントは、頭皮を傷つけないように優しく行うこと。これがもっとも薄毛対策では重要なことです。

 

シャンプーにかぎりませんが、やりすぎというのはどんなことでも良くないことなのです。

 

◆薄毛にとって正しいシャンプーとは

薄毛を改善するためのシャンプーの方法を紹介します。

 

・回数は1日につき1回で十分
洗いすぎは禁物です。汚れは1日1回で十分に洗い落とすことができます。
それだけではどうもすっきりしないという人もいるかもしれませんが、それ以上の頻度はかえって薄毛を招く原因となってしまいます。もちろん洗わないことも髪には良くないのですが、洗いすぎもそれと同じくらい悪影響だと言っても言いすぎではないでしょう。何事もバランスを取ることが大事なのです。

 

・指の腹を使って優しく丁寧に

シャンプーの方法としては、指の腹で頭皮を揉みながらマッサージしていくように行うのが基本です。しっかり汚れを取ろうと爪を立てて強くこする人も多いのですが、これも薄毛を考える上では絶対に禁物です。皮脂の取りすぎは、やはり薄毛の原因となってしまうからです。

 

また頭皮を爪で傷つけてしまうとも、薄毛の原因となってしまいます。フケが多くなるなど、ほかにも爪を立てて行う方法に良いことはひとつもありません。
シャンプーは優しく丁寧に、が原則です。
・髪はドライヤーを使って乾かす
シャンプーをしっかり洗い落とさないことも薄毛やフケなどの原因となるので、時間をかけて満遍なくすすぐようにしましょう。

 

また、タオルで拭いただけで放っておくのも禁物です。ドライヤーである程度乾かしておかないと、水分の蒸発で髪を傷めてしまうことになります。
・育毛専用のシャンプーでさらに効果アップ
長年習慣として行ってきた方法を変えるのは、意外とうまくいかないものです。しかし、これだけのちょっとした心がけで薄毛を防ぐ大きな手立てとなりうるので、気になっている人はすぐにでも始めてみてください。
また費用は多少かかってしまいますが、余裕があればアミノ酸シャンプーや育毛専用のシャンプーを使用すると、より頭皮や毛髪にとってよい効果が得られます。

 

以下に紹介されている育毛剤は、こうしたシャンプーと相乗効果で薄毛の改善を見込めることができます。
実際に効果があった人も多いので、ぜひ試してみてください。