海外製の育毛剤について

 

海外の育毛剤の注意点
海外の育毛タブレット錠剤である「プロペシア」や「ミノキシジル」といった育毛剤については個人輸入で入手することが出来ます。
しかし、使用には十分に気を付けなければならない以下のような点があるという事を頭に置いておかなければなりません。

 

・副作用のリスク

 

国内では「プロペシア」は医薬品とされていますので、医師に出してもらわなければなりません。
副作用を伴う場合があるので、そのリスクを出来るだけ回避させるためです。
個人輸入で海外から育毛剤を入手した場合、副作用の危険性は自己判断となります。

 

※ミノキシジルのタブレットを飲む時は特に要注意です。

 

先ほど挙げた「プロペシア」については、それほど強い副作用はないとされています。
しかし、「ミノキシジル」については、強い副作用を伴いますので注意しなくてはなりません。
どのような副作用があるかと言うと、「性欲の減退胸の痛み動悸」など様々な副作用があるとされています。
健康に対して悪い影響があるので、もし飲んだ後で副作用が発生した場合は早急に医師にご相談ください

 

・用法・用量の問題

 

上記の副作用を減らすためには、用法や用量を定められた範囲内で摂取することが大事です。
とは言っても、海外の育毛剤については商品も様々で用法・容量もバラバラとなっており判断が難しいのが正直なところです。

 

一つの例として「プロスカー」という育毛剤があるのですが、この商品にはフィナステリドという成分が1錠に5mg入っています。
これはプロペシアに入っている量の5倍の多さです。
通常の5倍の摂取となってしまいますので、道具等を使って1錠を5個に分割する必要があります。
しかし、正確に5分割にするなど、素人には難しいものです。

 

・有効成分の取扱方法

 

プロペシア」「プロスカー」に含まれているフィナステリドは妊娠している人にとって大変危険な成分となっています。
例え飲まなくても触れただけでお腹の赤ちゃんに悪い影響を及ぼす危険性があるため気を付けなければなりません。

 

◆安全な海外の育毛剤は?

 

これまで海外の育毛剤には注意が必要だという話をしてきましたが、全部がリスクを伴うものばかりではありません。
今、「リバイボゲン」という商品が安全な育毛剤として各方面から注目を浴びています。

 

この「リバイボゲン」についてはミノキシジルやフィナステリド等の副作用を伴う成分を含んでいない為心配無用です。
薄毛の要因とされているDHTを抑え、健康的な髪の成長効果が期待できます。

 

また、「リバイボゲン」の嬉しいところは他の育毛剤と併用できるところにもあります。
男性だけでなく女性が使用することもできるので、女性にとっては嬉しいことですね。
他の育毛剤と変わらないように海外輸入での購入が可能です。