AGAを飲んで治す育毛剤サプリメント

飲んで治す育毛剤とは?
男性型脱毛症、いわゆるAGAを治すには飲む育毛剤が有効です。

 

育毛剤を飲むことによって、体内から効果的に発毛を促すことができます。
そのため、最近では頭皮に直接塗って治すタイプのものよりも、AGA治療で用いられる場面が増えてきました。

 

・効果が速く確実性が高い

 

飲むタイプの育毛剤のメリットは、何といっても直接体内に取り込めるので、効き目が速く、そして強いということです。
塗るタイプでは毛穴を通して浸透させるため、どうしても効率が悪くなってしまいます。

 

ただ、それだけ吸収されやすいということは、同時に副作用も強く出る可能性が高いということです。
そのため、体調をよく考えながら、しっかり正しい方法で服用することが大切になります。

 

 

◆飲むタイプの種類と特徴

飲むタイプの育毛剤には、大きく分けて3つの種類があります。

 

・脱毛を抑えるプロペシア系

 

フィナステリドという成分が、AGAが原因となって起こる脱毛を抑えてくれます。

 

現在の日本でこれを入手するには、クリニックで処方されるか、あるいは個人輸入するという方法があります。
ただし、AGAには健康保険が適用されません。そのため、金額はすべて自己負担ということになります。
個人輸入では比較的安価に手に入れることもできますが、その分リスクはすべて自己責任となることに気をつけてください。

 

・発毛を促すミノキシジル系

 

一般的に広く知られているものは塗るタイプのものですが、飲むタイプのものも作られています。
血管を広げ血の巡りを良くする効果があり、本来は高血圧治療に用いられる薬でした。
しかし、発毛では頭皮の毛細血管が毛母細胞に栄養と酸素をしっかり送り届けることが重要なので、AGAの治療にも効果が認められています。

 

塗るタイプのものは店頭でも手に入れられますが、飲むタイプのタブレットとなると、やはり個人輸入する必要があります。

 

・体質を改善するサプリメント系

 

安全面を重視する場合、もっとも選ぶべきタイプです。
というのも、プロペシアミノキシジルなどではやはり薬のため、どうしても副作用とは切っても切り離せない面があります。その点サプリメント系では、天然成分の生薬や漢方薬などを用いて、根本的に体質を改善しようというものなので、その心配はありません。
副作用を気にすることなく、安心して長い期間使い続けることができるわけです。

 

もちろん広く市販されているので、入手も簡単です。
ただし、薬ほどの高い効果や確実性までは保証することができません。