M字タイプの薄毛・抜け毛の特徴、原因、及び改善法について

◆M字タイプの薄毛及び抜け毛の特徴と発生原因を知る

 

男性の抜け毛・薄毛の主原因は、加齢とともに増加する男性ホルモンの分泌にあるといわれています。30代の後半あるいは40代のはじめ頃から急にこの男性ホルモンの分泌が活発になり、このため髪が完全に成長しきることなく、抜けてしまうため、髪全体が薄いという状況になってしまいます。
薄毛・抜け毛が顕著に表れる場所は、額の生え際頭頂部、及び頭の前側の部分がもっとも多いのですが、M字タイプの薄毛もこの中の一つとなります。他には頭部の一部分が円形上に抜ける円形脱毛症や、側等部や後頭部に抜け毛が表れる場合もありますが、一般的に抜け毛・薄毛といった場合は前頭部や頭頂部の薄毛を指します

 

 

なぜM字と呼ばれるかというと、左右の額の生え際が後退しているため、ちょうどアルファベットのM字状に見えるからです。M字タイプの薄毛は世40代後半や50代の男性だけでなく、20代や30代の男性にも多く見られる薄毛のパターンです。額全体が後退してしまう薄毛のタイプに並んで、もっとも多く見られる典型的な薄毛の形状といえます。

 

 

このように左右の額の生え際が後退してしまう原因として挙げられるのが、「ジヒドロテストステロン」と呼ばれている男性ホルモンの一種、この男性ホルモンが平常の状態よりも多く分泌されることにより、M字ハゲが形成されます。M字型の薄毛は男性に特有の脱毛症の代表的な例とされています。AGAという名称で知られている男性型の脱毛症の特徴は、額の生え際の一方、あるいは両方、そして頭頂部から脱毛していくこと。
左右の生え際と頭頂部の三箇所の抜け毛が同時に進行した場合、頭頂部に髪がなく、上から見るとちょうどM字型に左右の生え際が後退している状態になります。

 

 

ではどうしてこのように抜け毛や薄毛が進行してしまうのでしょうか。薄毛や抜け毛の原因のひとつは、生活習慣や食生活が乱れていることにあります。睡眠不足栄養の偏り、過度のストレス疲労アルコールタバコの過度の摂取により、体の機能全体が低下し、これにより血管の収縮や新陳代謝が落ちてしまうことから、抜け毛やヘアサイクルの乱れが生じるとされています。
頭皮の血行が悪くなると、毛根に必要な養分が運ばれず、これにより成長途中の髪の毛が抜け落ちてしまい、髪の毛が薄くなるという事態を招いてしまいます。

 

 

 

◆M字状薄毛を引き起こす生活習慣とは?

 

M字状の薄毛を引き起こす環境にいて考えてみましょう。主な環境を四つ挙げてみると、
1、ストレス過多
2、睡眠不足
3、喫煙
4、頭皮の皮脂の分泌過剰
になります。以下にそれぞれについて具体的に見ていきましょう。

 

まずはストレスから、ストレスや疲労感は体全体の免疫機能を低下させます。これにより自律神経が乱れ、体の機能全体が低下し、血流の流れも悪くなります。
当然頭皮の血行も不良になりますので、毛根に養分が届かずに、抜け毛が発生してしまうというしくみです。一時的にストレスであればさほど問題になることはありませんが、慢性的に忙しい日々を送っている方や過度なストレスを長期間にわたって抱えている方は、気をつけないと抜け毛が増えてしまい、M字薄毛になってしまう恐れがあります。

 

 

次は睡眠不足です。睡眠と薄毛は一見するとなんの関係もないように思えますが、実は大きな関連性があります。

昼間体に受けたダメージは夜間に修復されますが、その時間帯として当てられているのは、夜の10時から深夜3時ごろまでになります。
この時間帯は成長ホルモンがもっとも多く分泌される時間で、このゴールデンタイム中の睡眠を取っている人は、体の機能を効率的に回復させることが出来ます。

 

薄毛を引き起こす可能性のあるもう一つの悪い習慣は喫煙です。喫煙は体の血液を収縮させるといわれています。血液には体の各組織が必要としている養分を運搬するというはたらきがあります。
血流が不良になるということは、毛母細胞が必要としている養分が届きにくくなるということになり、これにより抜け毛や毛髪の成長が阻害されます。

 

頭皮の血行不良はまた、頭皮の硬化をもたらすことが知られています。頭皮に柔軟性がなくなると、乾燥肌になり、それを補おうと皮膚は余計に皮脂を分泌します。余分な皮脂分により毛根が目詰まりを起こすと、髪の毛は抜けやすくなります。

 

 

 

◆M字薄毛にならないために気を付けたいこと

 

頭皮の血流の促進をはかる

 

M字型の薄毛にならないようにするには、どのような点に気をつければよいのでしょうか。まずは食生活や生活習慣を見直すこと、喫煙はなるべく控えるようにし、髪に良いとされる食材を積極的に食事に取りいれるなどの努力が必要とされます。さらに頭皮のコンディションを整えるシャンプーや育毛剤を用いることも、薄毛対策として有効です。他には、過剰に分泌される男性ホルモンを抑える経口薬の摂取なども効果がありますので、一度試されることをお勧めします。

 

薄毛対策として有効とされている経口薬「プロペシア」は、塗り薬と違い服用するだけという手軽さが人気の的になっています。プロペシアの特徴は頭皮に塗るのではなく、飲み薬として服用するということ。薄毛対策を専門にしているクリニックでは、プロペシアの処方を行っています。M字タイプの薄毛を改善したい方にお勧めの対策法になります。