新世代育毛成分キャピキシルについて知ろう

キャピキシルとは新世代の育毛成分で、これはカナダのLUCAS MEYER COSMETICS社で開発されました。

 

ミノキシジルと比べるとまだ知名度には劣りますが、これは非常に画期的な成分なのです。

 

キャピキシルの特徴は、アカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド-3という2つの成分にあります。アカツメクサ花とは、レッドクローバーの事でこれには女性ホルモン様作用のあるイソフラボンが豊富に含まれています。イソフラボンは、ご存知の通り植物性エストロゲンとも呼ばれる成分です。エストロゲンは、髪の状態に大きく影響を与えるホルモンでエストロゲンが減少すると女性でも薄毛になっていきます。

 

アカツメクサ花エキスに含まれるイソフラボンであるビオカニンAは、薄毛の大きな原因である男性ホルモンDHTの生成を阻害してくれるのです。

 

また成長因子であるアセチルテトラペプチド-3は、4種類のアミノ酸が結合した成分です。
アミノ酸が髪の毛に良いのは知っての通りで、このアセチルテトラペプチド-3は細胞外マトリクスの修復作用が非常に高く毛根を修復し薄毛に対する効果が期待出来るのです。

 

こうして薄毛にそれぞれ別の角度から有効なアカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド-3が合わさった画期的育毛成分がキャピキシルという訳なのです。

 

キャピキシルだけのメリット

 

今まで最も効果のある育毛成分だと囁かれてきたのが、有名なミノキシジルです。

 

キャピキシルは、このミノキシジルの3倍育毛効果があると言われています。
キャピキシルは、男性型脱毛症AGAに効果があるだけではなく、毛根補修・毛髪補修へも大きな効果があり性別に関わらず使用出来る成分なのです。

 

また、血管拡張作用のあるミノキシジルとキャピキシルを併用することで、ミノキシジル配合の育毛剤だけでは効果がなかなか見られなかった人でも相乗効果が期待出来ると言われています。

 

刺激や負担のない育毛成分ならキャピキシル

 

キャピキシルはメリットだらけの育毛成分

 

市販の育毛剤に多く使われ皮膚科でも処方されるミノキシジルは、高い効果が期待出来る一方でその副作用の大きさも指摘されてきました。

 

外用としてのミノキシジルの副作用とは、頭皮への刺激による赤みや痒み、湿疹などが上げられます。

 

しかし、ミノキシジルに代わる新世代育毛成分キャピキシルは、そういった刺激が一切ない穏やかな使用感の育毛成分なのです。
それどころか、アセチルテトラペプチド-3が補修作用を発揮してくれます。

 

キャピキシルのこうした穏やかな使用感が余計な負担をかけず発毛効果だけではなく、脱毛の抑制にも一役買ってくれるのです。

 

キャピキシルとミノキシジルの違い

 

上記でも説明した通り、キャピキシルはミノキシジルの3倍もの育毛効果があると言われ育毛効果もミノキシジルの一歩上をいくと考えられます。

 

そして何よりも、ミノキシジルのようの副作用が起きないという点が大きなメリットと言えるでしょう。

 

いくら効果があっても刺激を感じたりトラブルを起こしては継続的に使い続けることは出来ません。

 

そのため効果、副作用のどちらをとっても育毛剤に選ぶならキャピキシルの方に軍配があがります。