本当に、キャピキシルはミノキシジルよりも優れているのか?

ミノキシジルよりも凄い育毛効果がるという噂は、事実なのか?

 

キャピキシルという育毛成分には、ミノキシジルの3倍もの効果があると言われています。

 

育毛成分で有名なミノキシジルは、高血圧の薬として開発された血管を拡張する成分です。血管を拡張することで、血行が良くなり髪に栄養が届きやすくなり結果として休止期状態の髪を甦らせ髪が生えるという効果を得られます。

 

一方、キャピキシルは、脱毛の要因となる5aリダクターゼを抑制する効果と、成長因子によって育毛環境を整えて発毛するといった効果があり、その発毛効果がミノキシジルの3倍だというデータが出ています。

 

しかも、キャピキシルには、ミノキシジルのような副作用が全くないという優れた面もあります。

 

キャピキシルは、カナダの化粧品開発会社で作られた育毛成分です。アカツメクサ花エキスと、アセチルテトラペプチド3という自然由来の成分からできています。

 

しかし、ミノキシジルの3倍の育毛効果といっても、毛乳頭や毛母細胞を培養した細胞にミノキシジルを加えた場合と、キャピキシルを加えた場合の比較を行った実験方法なので、実際に頭皮に直接湿布した実験ではありません。

 

キャピキシルとミノキシジルどちらがいいのか?

キャピキシルとミノキシジルを比較する場合は、それぞれ単体での照査で行います。

 

脱毛ホルモン抑制剤などが入っていると、正確に検証することができないので、単体でのデータを見ていきます。

 

薄毛治療において、育毛剤だけに頼っていてはしっかりとした育毛効果を得ることができません。そのため、サプリメントと併用することでミノキシジルの効果を最大限に高めるといったことが可能となります。そういったことを考慮すると、一概にキャピキシルの方が効果が高いとは言い難いのです。

 

そして、キャピキシルについても、キャピキシルだけの効能に頼って育毛を進めていくよりも、他の育毛成分と掛け合わせて使用したり、サプリメントとの併用で効果が倍増すると考えて使用した方がよいでしょう。

 

誰が使用してもキャピキシルで発毛することができるのか

ミノキシジルとキャピキシルでは、それぞれ効果の出方が異なります。例を挙げると、血流が悪くなってしまうと、毛根に栄養がしっかりと行き渡らなくなり、毛周期が乱れてしまうといった場合があります。

 

キャピキシルの成長因子によって、毛母細胞がリペアされたとしても、血行が悪ければ思ったような効果が出ない可能性が考えられます。そういった場合は、却ってミノキシジルを使用することで育毛効果がアップするということもあります。

 

そのため、盲目的にキャピキシルがいいと思ってキャピキシルだけを使用するのではなく、ミノキシジルと併せて育毛を行っていくと、効率よく育毛することができます。

 

キャピキシルの効果まとめ

キャピキシルは、副作用がないということで、ミノキシジルから乗り換える利用者がどんどん増えている状況にあります。そして、多くの人がキャピキシルによって毛が生えて来たと実感の声を上げています。キャピキシルは、薄毛を治療する際に、なくてはならない成分として重要になってくるでしょう。ですが、サプリメントや内服液などとの併用利用でより効果を高めることができるのです。