これでも使います?ミノキシジルの副作用

ミノキシジルは、育毛剤として開発された成分ではありませんので、使用することで副作用伴います。「ミノキシジルの育毛効果を試してみたい」「少しでも、髪を生やしたい」と思うあまり、ミノキシジルの副作用に目を背けていては危険です。ミノキシジルの使用方法や、副作用がどの様な影響を及ぼすのか、自分に合っているのかといったことをきっかりと理解した上で、使用しなければいけません。このサイトでは、ミノキシジルの効用...

ミノキシジルの基本的な副作用に、血圧が下がるというものがあります。高血圧はとてもリスクの高い症状として知られていますが、低血圧もけっして軽視してよいものではありません。血圧はちょうどよいバランスが取れていないと、どちらにしても体に悪影響があるのです。低血圧が体に良くない理由血圧というのは、ある程度強くなければ体の隅々にまで血液を送ることができません。しかし、血管にコレステロールが溜まるようになると...

多毛症の原因の一つに、体の血管拡張があります。血管拡張の原因もまた様々ですが、その中にミノキシジルの副作用があげられます。ミノキシジルは血圧を下げる効果を持ちますが、これが原因となって多毛症が起きるケースがあります。なぜ、ミノキシジルが多毛症の原因となるのか?そのメカニズムや症状について説明していきたいと思います。ノキシジルと多毛症の関係ミノキシジルは「血管を膨張させることで体内血流を改善し血圧を...

ミノキシジルによる副作用の代表格は「低血圧」と「皮脂の過剰分泌」などです。しかし、ミノキシジルの副作用はそれだけではありません。注意すべき副作用として上げたいのは生殖器系への副作用。そして、妊婦・胎児・乳児への影響です。ミノキシジルの使用者から生殖器系の副作用が報告されていますミノキシジルの使用者から報告される副作用には「性的不能・性欲減退」といったものが見られます。生殖器系に対する副作用は正式に...

ミノキシジル配合の育毛剤の最近の主流は「5%ミノキシジル」です。5%配合のものが発売されたのは2000年頃。それまでは「1%ミノキシジル」が主流でした。ミノキシジルの育毛剤は昔より高濃度のものが使用・販売される傾向があります。かつて、アメリカでは高濃度ミノキシジルは10%から15パーセントのものまで販売されたこともあります。ところが現在の主流は5%。さらに高濃度のミノキシジルは販売されていません。...

ミノキシジルは体毛に影響を与えると言われていますが、他に、肌に悪影響を及ぼす可能性があることをご存知でしょうか?ニキビ・肌荒れ・肌のかぶれ・フケなどが、ミノキシジルが起こす作用の代表例です。ミノキシジルはなぜ肌に悪影響を及ぼすのか?それについて説明しましょう。ミノキシジルが肌に悪影響を起こす理由ミノキシジルは血管拡張を目的に使用する成分です。この作用の結果として、体の皮膚の成長が過剰に促進される可...